英会話を日本人が出来るようになるための心得

習うより慣れろ! こうすれば英語は上達出来る!

日本人は英会話が苦手と言われるのはなぜなのか。

中学または高校レベルの英語なら、読み書きはそこそこ出来るはず。 なのにイザ英語を聴くと何を言っているのかさっぱり分からない、と首を傾げる方も多いでしょう。 恐らく、同時に字幕が出ていれば大体の内容が理解できるはずなのに、リスニングだけだと分からない。 なんだか悔しいですよね。

スピーキング能力を高めるにはどうしたら良いのか?

リスニングの時と同じですが、基本的な文法や単語を知っているはず。 しかし、「いざ話すとなると、咄嗟に言葉が出てこない。」 「本当に通じるのだろうか?」 「めちゃくちゃな英語だったらはずかしい」 といった心配から、実際英語を話すのはものずごく心理的壁があるのではないでしょうか?

英語を実際に使う環境を得るために

リスニングとスピーキングの基礎訓練の方法をここまで述べてみました。 しかし、実際に外国人の方と英語を使ってみなければ英会話を習得することは出来ません。 真っ先に思いつくのが、英会話教室でしょう。 ただ、お金も掛かりますし、いかにも「勉強をしている」という体だとなかなか続けることは難しいでしょう。

リスニング能力を高めるにはどうしたら良いのか?

日本人は比較的英語が苦手な人々、と海外で言われています。
だから、海外旅行も団体が多かったり、留学先で日本人は固まりがちです。
日本人でも海外で育てば英語を普通に話すことができるので、能力に問題があるという訳ではありません。
それではなぜ日本人が、他の国の人に比べて英語を苦手としてしまうのでしょうか?
それは皆さんも薄々感じておられると思いますが、英語を使う環境にないからです。
昔から日本は単一民族国家といわれます。
何を持って民族というかは難しいですが、共通言語が日本語という点においては異論はないでしょう。
日々の生活は勿論、国際企業にでも勤めない限り、一生英語を話さなくても済んでしまうのです。
一方、多民族国家であったり、自国の企業より外資の方が待遇が良い企業が多い国の人達は生きていくために英会話が必須となります。
英語を身につけている必要性、ひいては実際に使う機会がたくさんあれば必然的に英語が身に付きます。
じゃあ、早速今日から英語を使うぞ!という気持ちになりましたか?
しかし、ちょっと待って下さい。
この日本で英語を実際に使う機会なんてそう多くありません。
それに機会があっても事前に訓練をしなければ、いきなり英会話が出来るようになるという事は決してありません。
今回は、英会話が出来るようなるための訓練をリスニングとスピーキングに分けてご説明します。
また、英会話を実践する機会を作るにはどうしたら良いかも説明したいと思います。