習うより慣れろ! こうすれば英語は上達出来る!

>

スピーキング能力を高めるにはどうしたら良いのか?

英語を話すことを怖がらないで!

英語を話す時、緊張しませんか?
全く通じなかったらどうしよう、おかしな英語を話していると笑われたらどうしよう、など色々考えてしまいますよね。
でも、英語を話す目的を考えてみて下さい。
相手とのコミニケーションを取るためのものです。
日本に旅行に来ている外国人が、片言の日本語で話し掛けてきた時、「変な日本語を話すなあ。」と聞く気を無くすなんてことはないでしょう。
普通は出来るだけ理解して、会話を返せないかと考えるものです。
英語も同じです。
さすがに、きちんとしたビジネスの交渉の場でたどたどしい英語を話すのは、交渉のスピード感や正確さを失わせるため避けるべきです。
しかし、通常の場合にはそこまで気にする必要はありません。
こういっては失礼ですが、ビジネス以外ではアジア圏のノンネイティブの英語は私を含め結構適当です。
単語を並べて、PleaseやOK?を語尾に付けておけば、雰囲気で大体通じます。

自分の伝えたいことを自由に話すには?

先に単語や文法を学ぶ際には出来るだけ例文をそのまま暗記した方が良いとアドバイスをしました。
例文に該当する状況では、暗記したものをそのまま話せばいいので、すんなりとコミニケーションを取れるでしょう。
しかし、大体において例文通りでは足りないものです。
そんな時には自分のボキャブラリーと知っている言い回しを駆使して、相手に「分かってもらう」工夫をすることです。
例えば、私が若くてまだ海外に行く経験が少なかった時、飛行機の「通路側」という単語を知りませんでした。
なので航空会社のカウンターで席の希望を聞かれたときには、「The other side of window sheet, please.(窓側の席の反対側お願いします。)」と言っていました。
これで全然通じます。
誰もクスッと笑ったりするマナーの悪い人はいませんし、アジア人は英語が適当と皆知っているので恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ。


この記事をシェアする